投稿日 2019/12/27

事業戦略の立案と実行のポイントは、OODA ループに当てはめると腹落ちした話




今回は、OODA (ウーダ) ループの観点から考える、戦略の立案と実行です。

  • OODA ループとは?
  • 戦略のつくり方 (事業戦略を例に)
  • 戦略を実行する時のポイント

こんな疑問に答える内容を書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、大きくは2つです。OODA ループと、戦略です。

記事の前半では OODA ループという意思決定から実行のフレームをご紹介します。後半では OODA ループに当てはめた戦略の立案と実行を解説しています。

ぜひ記事を最後まで読んでいただき、お仕事での参考にしてみてください。


OODA ループ


いきなりですが、OODA ループをご存知でしょうか?

OODA は 「ウーダ」 と読みます。意思決定をして実行するためのポイントになる、4つの項目からの頭文字です。


OODA ループ
  • Observe 観察
  • Orient 判断
  • Decide 決断
  • Act 実行


ビジネスに当てはめると、外部環境や顧客などの対象となるものの観察から入り (Observe) 、次に大きな方向性を判断します (Orient) 。何をやるかを決め (Decide) 、行動に移します (Act) 。

OODA ループとあるように、4つのプロセスは1回きりではありません。Act の後に再び Observe になり、次の OODA ループに入ります。


OODA ループについては、別の記事でも取り上げています。よければ、ぜひこちらも読んでみてください。






OODA ループのポイント


OODA ループの4つのうち、ポイントだと思うのは2つ目の O です。

Orient という観察したことからの大きな方向性の判断です。

判断が決断の前にあるのがポイントとも言えます。判断と決断を分けているわけです。

まずは判断で、大きな方向性を定めます。時には直観を使い、どこに向かうのか、何をするのかの方針を決めます。

方針を絞り、その後に具体的な行動内容に落とし込みます。

ここまで、OODA ループについて見てきました。OODA ループの考え方は、戦略の立案と実行にうまく当てはめることができます。

ここからは、OODA ループの観点で、戦略について掘り下げてみます。


OODA ループと戦略


これに気づいた時に目から鱗だったのですが、戦略の立案と実行を OODA ループに当てはめると、すごく良い流れになります。

例として事業戦略でご説明します。事業戦略をつくり、実行を OODA ループのそれぞれに当てはめると次のようになります。


1. Observe 観察


事業戦略をつくる出発点は、現状分析です。

分析では数字からの定量分析、環境や顧客状況などの定性分析をします。現状の正確な理解からの現実直視です。

現状分析で大事なのは、素直な目での観察です。起こっている事象、背後になる構造、さらに奥にある本質は何かを掘り下げます。

現状分析から、自分たちはどんな問題を解決したいかの問題提起・問題設定をします。


2. Orient 判断


現状分析を基点に戦略をつくっていきますが、いきなり各論には入りません。戦略の大きな方向性を定めます。

方向性で大事になるのは、ビジョンです。目指す姿、戦略が実現された後に見える景色です。

ビジョンから、事業の目的、目的を達成した状態であるゴール設定をします。これらを通して戦略の方向性が見えてきます。何をやって・やらないか、リソース配分の方針です。

なお、この段階では戦略の方向性は1つとは限りません。複数の方針案があってよいです。


3. Decide 決断


判断した方向性に沿って、具体的な戦略を決めます。

具体的には、次の通りです。


事業戦略で決める項目
  • 顧客定義と提供価値
    • 顧客
    • 顧客の問題 (解決したい問題)
    • 解決方法
    • 提供価値
    • 価値の源泉 (なぜ価値提供ができるのか)
  • ビジネスモデル (持続的な儲け方)
  • 実行プラン、組織体制
  • 計数計画、PL へのインパクト


戦略の方針が複数ある場合は、それぞれのメリット・デメリットから比較を提示し、どの案をプラン A にし、どれをバックアップとしてのプラン B にするかを決めます。

プランごとに、上記の項目に沿って戦略を詰めていきます。


4. Act 実行


戦略と実行プランを実行に移します。

戦略も実行プランも、つくられた段階ではあくまで仮説です。実行して始めてうまくいくかどうかがわかります。

逆に言えば、実行できない戦略やプランは絵に描いた餅です。現場が本当に実行できてこそ、価値が出るのです。

戦略実行のポイントはいくつかあります。


戦略実行のポイント
  • 戦略を現場に丸投げせず、立案側がフォローする仕組みをつくる
  • 実行からの短期的成果に目を向ける。小さくても早めの成果を祝う
  • 戦略の上位にあるビジョンや目的の周知を徹底し、浸透させる
  • 実行から戦略 (という仮説) の各論での良し悪しを見極める


最後の4つ目は、OODA ループで言えば次のループに入ることを意味します。戦略を実行してみて、想定と違うこと・うまくいかなかったことを観察し、方向性や戦略内容に反映していきます。


まとめ


今回は、戦略立案と実行についてでした。

OODA ループに当てはめて、戦略のつくり方、実行のポイントを解説しました。

最後に今回の記事のまとめです。



OODA ループをビジネスに当てはめると、
  • 外部環境や顧客などの対象の観察 (Observe)
  • 大きな方向性を判断する (Orient)
  • 何をやるかを決める (Decide)
  • 行動に移す (Act)
4つのプロセスは1回きりではない。Act の後に再び Observe になり、次の OODA ループに入る。


OODA ループのポイントは2つ目の O 。観察したことからの大きな方向性の判断。決断の前に大きな方向性を定める。方針を絞り、その後に具体的な行動内容を決める。


戦略の立案と実行は、OODA ループに当てはまる。
  • 観察: 戦略をつくる出発点は現状分析。起こっている事象、背後になる構造、さらに奥にある本質は何かを掘り下げる
  • 判断: 現状分析を基点に大きな方向性を定める (ビジョン, 目的, ゴール設定) 。方針は複数あってよい
  • 決断: 判断した方向性に沿って、具体的な戦略を決める。顧客定義, 提供価値, ビジネスモデル, 実行プラン, 計数計画
  • 実行: 戦略と実行プランを実行に移す。フォローの仕組み, 短期的成果を祝う, ビジョンや目的の周知と浸透, 実行から戦略各論の良し悪しの見極めと反映

最新記事

Podcast - 10分で磨けるビジネスセンス

YouTube (ビジネス系の動画配信)

note - #ビジネスセンスを磨くノート

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。