2018/08/06

孫子の兵法から 「勝つための5つの原則」 を考える。新しいチャレンジに成功するためにできること


Free Image on Pixabay


今回は、戦いについてです。戦うことを 「何か新しく始めること」 とみなし、孫子の兵法からチャレンジを成功させるためにどうすればよいかを考えます。

エントリー内容です。

  • 自分との戦い
  • 勝つための5つの原則
  •  「新しく始めること」 を成功させるために


自分との戦い


現代社会において、個人のレベルで見たときに 「戦い」 とは、大きくは2つあります。他人と戦うこと、自分自身と戦うことです。

他人との戦いとは、例えば仕事で、同僚との業績 (例: 販売成績) を争うことです。自分との戦いの例は、昨日の自分に対して今日の自分が勝つことです。

過去の自分に勝つために必要なのは、今の自分が何か新しいことを始めることです。新しく行動すれば気づきや学びが得られます。新しいことからの経験から、昨日とは違う自分になれます。私は、これが過去の自分に勝つことだと考えます。

過去の自分に勝つために、捉えようによっては敵は、「新しく始めること」 と見ることができます。

では、敵に勝つ、つまり、新しく始めることを成功させるためには、どうすればよいのでしょうか?


勝つための5つの原則


実践版 孫子の兵法 - 勝者を支える最高峰の戦略書 という本に、勝つための5つの原則が紹介されています。



5つの原則とは、以下です。

  • 正しい勝負を選んでいるほうが勝つ
  • 常に準備をしているほうが勝つ
  • 始め方に工夫をするほうが勝つ
  • 味方をしてくれる人が多いほうが勝つ
  • 優れた軍師がいるほうが勝つ


 「新しく始めること」 を成功させるために


勝つための5つの原則を、新しく何かを始めることに当てはめてみます。


1. 正しい勝負を選んでいるほうが勝つ


正しい勝負とは、どんな新しいことを始めるかです。

新しいことは、自分の内側から湧き出るモチベーションがあるかどうかです。不毛なことであったり、自分の価値観と合わないことは、正しい勝負とは言えません。また、成功確率が限りなく低いことも、手を出すべきではないでしょう。

孫子が説くのは、勝てる戦いを選ぶことです。


2. 常に準備をしているほうが勝つ


孫子は、己を知り、敵を知ることの重要性を指摘しました。敵を知るとは、新しく始めることを、事前にどれだけ調べているかです。

始めるにあたって、何が必要なのか、成功するためのポイントは何か、どういう失敗の可能性があるか、何に気をつければよいかです。自分にとっては新しく始めることでも、すでに他の人がやっているのであれば、先人の知恵を知ることは教訓になります。

何も知らないで新しいことを始めるよりも、事前に準備をして敵を知っておけば勝つ確率、つまり、新しいことに成功する可能性は高まります。


3. 始め方に工夫をするほうが勝つ


始め方とは、新しいことをどのように始めるかです。

いきなり大きなリスクは取らずに、小さく始めるとよいです。小さな PDCA をまわし、想定通りにいくことは何か、想定外は何かを見極めます。やってみて、うまくいくことと機能しなかったことから学び、次の PDCA につなげます。

始めるにあたって、プラン B (代替案) を持っておくことも大事です。もしうまくいかなかった場合に、最初の計画や想定に固執するよりも、プラン B に舵を切る判断も必要です。


4. 味方をしてくれる人が多いほうが勝つ


味方とは、新しいことを始める自分に協力してくれる人、一緒にやってくれる人、応援してくれる人です。

自分一人で始めるよりも、誰かと一緒に、または何か困った時に助けてくれる仲間がいれば、新しいことへの挑戦に勝つ確率が高まります。


5. 優れた軍師がいるほうが勝つ


優れた軍師とは、自分にアドバイスをしてくれる人、メンターや専門家です。

わからないことや問題が起きた時など何かあった時に、誰に聞けばいいかの know who の引き出しをどれだけ持っているかです。

アドバイスから最終的に判断するのは自分自身です。軍師のような専門知識を持ち、信頼できる人からの助言は、最初から最後まで自分だけで進めるよりも、勝つ確率が高まります。


最後に


今回は、「新しく何かに挑戦すること」 を戦うことと見なし、どうすれば新しいチャレンジに成功できるかを考えました。

成功するために、勝つための5つの原則は、以下です。

  • 正しい勝負を選んでいるほうが勝つ
  • 常に準備をしているほうが勝つ
  • 始め方に工夫をするほうが勝つ
  • 味方をしてくれる人が多いほうが勝つ
  • 優れた軍師がいるほうが勝つ



最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

ベンチャーから一部上場企業の経営・事業戦略を支援。マーケティング、コンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネジメント。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

note, Twitter, YouTube, stand.fm, himalaya も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。