2019/08/25

リーンスタートアップの手法を、仕事やキャリアに活かす方法




今回は、新しいことへの挑戦や行動についてです。

  • 新しいことになかなか行動に踏み切れない
  • リーンスタートアップで行動に移す方法

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、何かを思いついた時にどう行動に移すかの考え方、方法です。

リーンスタートアップというアプローチをご紹介し、個人にも応用するやり方を書いています。仕事のやキャリアへの参考になると思いますので、ぜひ記事を読んでみてください。


リーンスタートアップのサイクル


最初にご紹介したい本は、リーン・スタートアップ - ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす です。





この本には、リーンスタートアップの考え方、具体的なビジネスの事例が多く書かれています。

リーン (lean) とは、英語では俊敏なという意味です。起業や新規事業の立ち上げ、プロダクト開発において、実行と学びを素早く繰り返し、軌道修正を重ねてなるべく無駄をなくしながら進めるアプローチです。

リーンスタートアップでは、次の3つのサイクルを早くまわしていきます。

Build (つくる) → Measure (測る) → Learn (学ぶ)

さらに、それぞれの前後に 「アイデア」 「プロダクト」 「データ」 の3つが入ることによって、以下のようになります。


リーンスタートアップのサイクル
  • Idea (アイデア)
  • Build (つくる)
  • Product (プロダクト)
  • Measure (測る)
  • Data (データ)
  • Learn (学ぶ)


 「リーンスタートアップのサイクル」 のポイント


このリーンスタートアップ・サイクルには、ポイントがいくつかあります。


リーンスタートアップ・サイクルのポイント
  • アイデアが得られたら、試してみる (実行する)
  • 実行をやりっ放しにせず、振り返る
  • 振り返った評価から、経験や学びを抽象化・一般化する
  • サイクルは1回まわして終わりではなく、学びで得られたアイデアを次にまた試す


個人への応用


リーンスタートアップのサイクルは、個人の仕事のやり方、あるいはビジネスキャリアにも応用することができます。

例えば、次のような応用です。


個人への応用
  • 同じような業務に、今までと違うやり方を試してみる
  • 仕事のアイデアが思い浮かんだら、企画書をつくる (Build)
  • 新しいことを思いついたら、本業とは関係がなければ副業としてやってみる


いずれの場合も、先ほどのリーンスタートアップ・サイクルのポイントが当てはまります。


個人にも当てはまるポイント
  • アイデアを思いついたらやってみる
  • 実行したことを振り返る
  • 振り返りから学びを抽象化・一般化する
  • 新しいアイデアをまた試してみる (サイクルは何度もまわす)


まとめ


今回は、リーンスタートアップの 「Build - Measure - Learn」 というサイクルから、どう実行に移すか、行動の後に何をするかを書きました。

最後に今回の記事のまとめです。



リーンスタートアップのサイクル
  • Idea (アイデア)
  • Build (つくる)
  • Product (プロダクト)
  • Measure (測る)
  • Data (データ)
  • Learn (学ぶ)


リーンスタートアップ・サイクルのポイント
  • アイデアが得られたら、試してみる (実行する)
  • 実行をやりっ放しにせず、振り返る
  • 振り返った評価から、経験や学びを抽象化・一般化する
  • サイクルは1回まわして終わりではなく、学びで得られたアイデアを次にまた試す


リーンスタートアップのサイクルは、個人の仕事のやり方、ビジネスキャリアにも応用することができる。例えば、
  • 同じような業務に、今までと違うやり方を試してみる
  • 仕事のアイデアが思い浮かんだら、企画書をつくる (Build)
  • 新しいことを思いついたら、本業とは関係がなければ副業としてやってみる




リーン・スタートアップ - ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

ベンチャーから一部上場企業の経営・事業戦略を支援。マーケティング、コンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネジメント。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

note, Twitter, YouTube, stand.fm も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。