2019/10/18

書評: 孫の二乗の法則 - 孫正義の成功哲学 (板垣英憲) 。漢字25文字に込められた孫さんの成功哲学




今回は、書評です。

孫の二乗の法則 - 孫正義の成功哲学 という本をご紹介します。





  • 何が書かれている本?
  • 漢字25文字に込められた、孫さんの成功哲学とは?

こんな疑問に答える内容でブログを書きました。


この記事でわかること


この記事でわかるのは、
です。

孫子の兵法や、孫さんの経営・人生観からつくられた、「二乗の法則」 をご紹介します。


本の内容


孫の二乗の法則 - 孫正義の成功哲学 に書かれているのは、ソフトバンク・孫さんの成功哲学です。

漢字25文字で表現された成功法則です。

本書では、25文字について1字ずつ詳しく解説されています。それぞれの字に関する、孫さんの発言や具体的なエピソードを興味深く読めます。


孫の二乗の法則


25文字の成功哲学について、孫さんは次のように語っています。

本書からの引用です。

いろいろ、 いままで僕は何千冊の本を読んで、あらゆる体験、試練を受けて、この二十五文字で、これを達成すれば、到達すれば、僕はリーダーシップを発揮できる。後継者になれる、本当の統治者になれるというふうに心底思っている、その二十五文字です。

本当はこれはね、会社の経営者、事業家というだけじゃなくて、大学の学長でも、大統領でも、みんな当てはまる。リーダーシップ、リーダーが持つべき素養としての、戦いに勝つための二十五文字だというふうに思っています

(引用:孫の二乗の法則 - 孫正義の成功哲学 (板垣英憲) )

25文字は、以下で構成されます。


孫の二乗の法則
  • 道天地将法
  • 頂情略七闘
  • 一流攻守群
  • 智信仁勇厳
  • 風林火山海




引用: 仕事に差がつくビジネスの法則、孫正義の 「孫の二乗の法則」 2|カナコト発信所


1行ずつの並びにも意味があり、上から、志 (理念) 、ビジョン、戦略、リーダーシップ、戦術です。


印象的だった文字


25文字は、いずれも自分にとっての意味を考えさせられました。

その中から、いくつか印象的だった文字をご紹介します。


印象的だった字


[印象的だった字 1] 七: 七割の勝率を見極めよ


七という字に込められた意味は、勝算です。

これは、「七割の勝算を見極め、勝負に出よ」 というものです。

孫子の兵法には、「算多ければ勝ち、算少なければ負ける」 と書かれています。勝負に打って出るとき、勝算を計らなくてはなりません。では、どのくらいの確率がよいのでしょうか?

孫さんは、「五分五分だと勝負に出てはいけない」 と言います。一方で、九割の勝算まで待っていてはライバルに先を越されてしまいます。

七割の勝算を確信できたとき、勝負に出るべきという考え方です。リスクを取ることは大切ですが、三割以上のリスクは取らないという見立てです。

七割にも覚悟が問われます。絶対に行けるという七割です。

もしかしたら行ける七割ではありません。考えに考えに考え抜いて、どう考えてもこれは七割以上行けるぞという、執念の入った七割でないといけないのです。


[印象的だった字 2] 流: 時流に乗れ / 逆らうな


流とは、時流に乗り、時流に逆らうなという意味です。いかに時代の流れを見極められるかです。

大志を抱き、事を成そうと野心を抱くからには、時代の流れを先取りすることが求められます。未来を見据え、いち早く仕掛ける必要があるわけです。


[印象的だった字 3] 海: 戦いに勝ったら相手を包み込め


25文字の最後の字が 「海」 です。

最後の行は 「風林火山」 に一字が加えられ、それが海という字です。海は孫さんのオリジナルです。

風林火山に従って戦いが終わると、戦場は死屍累々としています。しかし、焼け野原のままでは、そこからまた新たな戦いが始まってしまいます。

海という字に込められた思いは、勝者が、広く深く静かな海のように全てを包み込み、天下を平定してこそ初めて戦いが終わるというものです。

25文字の最後にくる 「海」 には、孫さんならではの考え方が入っています。


まとめ


今回は、書籍 孫の二乗の法則 - 孫正義の成功哲学 をご紹介しました。





最後に今回の記事のまとめです。



この本には、ソフトバンク・孫さんの漢字25文字での成功哲学が書かれている。1字ずつ詳しく解説され、それぞれの字に関する孫さんの発言や具体的なエピソードを興味深く読める。


孫の二乗の法則
  • 道天地将法
  • 頂情略七闘
  • 一流攻守群
  • 智信仁勇厳
  • 風林火山海


25文字は、いずれも自分にとっての意味を考えさせられた。
その中から印象的だった文字は、
  • 七: 七割の勝率を見極めよ
  • 流: 時流に乗れ / 逆らうな
  • 海: 戦いに勝ったら相手を包み込め


最後に


この本からは、自分がもし25文字をつくるとしたら、どんな25個の漢字になるかを考えさせられました。

自分にとっての25文字は、以下です。


大切な25字
  • 未志基決実 (ビジョンから実行)
  • 律磨余技体 (自分のあり方)
  • 知信勇厳与 (まわりへの振る舞い)
  • 道天地将法
  • 風林火山花


こちらについては、詳細は別の記事で紹介しています。ぜひ読んでみてください。






孫の二乗の法則 - 孫正義の成功哲学 (板垣英憲)

最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

複数のスタートアップ支援に従事。経営や事業戦略のコンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネージャー、マーケター。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。note も更新しています。

内容は個人の見解です。