2021/04/10

マーケティングや経営戦略フレームをヒントにした、人の4タイプ分け



今回は人のタイプについてです。

タイトルにも書いたように、マーケティングや経営のフレームを応用した人のタイプ分けをご紹介します。


この記事でわかること


  • 人の4タイプ
  • マーケティングフレーム
  • 経営戦略にも通じる


私が普段の仕事でも使っている人の見方をご紹介しています。シンプルに4タイプに分ける方法です。

ぜひ最後まで読んでいただき、お仕事での参考になればうれしいです。


きっかけはレターへのコメント


今回、書こうと思ったきっかけは毎週配信しているニュースレターでした。



レターの読者の方から、次のようなコメントを Peing の質問箱にいただきました。





後半のコメント 「人間のタイプから学ぶマーケティングや、人材育成、経営・営業戦略」 について、着想を広げて書いています。


人の4タイプ


私が普段から使っている人のタイプをご紹介しますね。

5W1H の4つからで、Why 型、What 型、How 型、Who 型です。それぞれ、次のようなイメージです。


人の4タイプ
  • Why 型: なぜやるのかを重視。存在意義やビジョン。起業家などのリーダー
  • What 型: 何をやるのか。戦略。参謀タイプ
  • How 型: どうやるのか。実践と方法に長けている。マネージャーや現場リーダー
  • Who 型: 誰との人間関係を重視。協調性や共感。ムードメーカー


どんな人も4つの要素は少なからず持っていてミックスされています。ただし4つをバランスよくというわけではなく、人により配分が異なります。

Why が強い人、What が強い人など、人を見る時に Why, What, How, Who のどのタイプかを見るようにしています。

* * *


マーケティングフレームとの共通点


人の4タイプでご紹介した Why, What, How, Who はマーケティングのフレームに共通します。


マーケティングフレーム
  • Why: マーケティングの目的, ブランドの存在意義
  • What: 目的を達成するための戦略 (やること, やらないことの方針)
  • How: マーケティング施策 (戦略からの実行策)
  • Who: ターゲット顧客, 協業プレイヤー (例: 広告会社, 調査会社, 小売)


Why から順に具体性と一貫性を持ってつくっていけば、マーケティング戦略と施策までがつながります。


経営戦略フレーム


Why, What, How, Who の4つは、経営戦略にも通じます。

具体的には次のように当てはまります。


経営戦略フレーム
  • Why: 経営理念 (ビジョン, ミッション, バリュー (価値基準) )
  • What: 経営戦略
  • How: 各事業戦略
  • Who: 社内外のステークホルダー (顧客, 経営陣, 従業員, 株主・債権者, 取引企業)


まとめ


今回ご紹介した Why, What, How, Who の4つは汎用的に使えるフレームです。

見てきたように、個人のレベル (人の4タイプ) 、マーケティング、経営戦略です。Why, What, How, Who の切り口は覚えておいて損はないです。

最後に記事のまとめです。


人の4タイプ
  • Why 型: なぜやるのかを重視。存在意義やビジョン。起業家などのリーダー
  • What 型: 何をやるのか。戦略。参謀タイプ
  • How 型: どうやるのか。実践と方法に長けている。マネージャーや現場リーダー
  • Who 型: 誰との人間関係を重視。協調性や共感。ムードメーカー


マーケティングフレーム
  • Why: マーケティングの目的, ブランドの存在意義
  • What: 目的を達成するための戦略 (やること, やらないことの方針)
  • How: マーケティング施策 (戦略からの実行策)
  • Who: ターゲット顧客, 協業プレイヤー (例: 広告会社, 調査会社, 小売)


経営戦略フレーム
  • Why: 経営理念 (ビジョン, ミッション, バリュー (価値基準) )
  • What: 経営戦略
  • How: 各事業戦略
  • Who: 社内外のステークホルダー (顧客, 経営陣, 従業員, 株主・債権者, 取引企業)


最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。