投稿日 2021/07/17

転職や就活の相談を受ける時に、コーチングを意識している話


今回はコーチングとキャリアです。


この記事でわかること



相談相手として意識しているコーチング (3つ)
  • 直接答えを言わない
  • 答えは相手の中にある
  • 問い, 傾聴とフィードバックから相手の気づきにつなげる


誰かから相談を受ける時に、こういうスタンスや聴き方、伝え方への参考になればと思いポイントを解説しています。

ぜひ最後まで読んでいただき、お仕事での参考になればうれしいです。


キャリアの相談



時々ですがキャリアの相談を受けることがあります。転職や独立、学生の方だと就活や進路相談です。

友人、以前の職場での同僚や知人、会ったことのない方もいます。同世代から20歳くらいの大学生の方までと色々です。初めての方では Twitter の DM 、Facebook のメッセンジャー、他には会社のホームページの問い合わせフォームから連絡をいただくこともあります。

相談を受ける時は、時間は30分から60分くらいで Zoom や Google Meet を使ったビデオ通話をします。

話を聞いたり、こちらから話をするときに意識しているのはコーチングです。


コーチングの肝


コーチングのポイントは3つあります。

コーチングの肝
  • (相手が知りたい) 直接の答えは教えない
  • 答えは相手の中にある
  • 問い, 傾聴とフィードバックで相手の気づきにつなげる


以上の3つをキャリアの相談に乗る時の自分の基本姿勢にしています。

ではそれぞれについて順番にご説明しますね。


[コーチング 1] 直接の答えを教えない



転職や進路 (就職, 大学院進学, 留学) とは、突き詰めると 「次の自分の環境はどこがいいか」 というキャリアへの問いです。

この問いに相手に 「こうすべき」 という答えは言わないようにしています。伝えるとしても、もし自分がその立場ならや、自分は過去にこうしたという、あくまで参考情報までです。

キャリアの転換点での選択と決断は、結局のところは最後は自分で決めるしかありません。判断の参考情報までは出しますが、相手から求められている 「答えそのもの」 は言わないようにしています。


[コーチング 2] 答えは相手の中にある


キャリアの相談を受けていて共通して感じることは、答えはすでに相手は持っていることです。

ただし断言できるほど強くはなく、あるいは意識てきていたり言葉になっていません。しかし、何かしらの答えは相手の中にすでにあるのです。

自分のキャリア相談を受ける立場としてスタンスは、「答えは相手の中にある」 です。相手が答えを発見することに期待し信じるという姿勢です。


[コーチング 3] 問い, 傾聴やフィードバックで相手の気づきにつなげる


相手に答えを言うのではなく、では何をするかと言うと問いかけをします。

もし相手の言葉や説明が抽象的であれば、具体を掘り下げるために 「なぜなのか」 「何がそうさせたのか」 「その時の気持ちは」 などの質問を続けます。

相談相手として自分が意識したいことは、相手の説明には最後まで聴き、途中で遮らないことです。最後まで話をしてもらった後に、聴いた内容を整理しまとめたり、こちらが思ったことも伝えてフィードバックをします。

相手は問いへの答えを考えたり話をしている時、そしてフィードバックからも新しい気づきを得ています。その気づきが既にある 「自分の中にある答え」 につながることを期待しています。


まとめ


今回はキャリア相談とコーチングについてでした。

最後にまとめです。


コーチングのポイント
  • (相手が知りたい) 直接の答えは教えない
  • 答えは相手の中にある
  • 問い, 傾聴とフィードバックで相手の気づきにつなげる


キャリアへの相談相手として意識していること
  • 相手に 「こうすべき」 とは言わない。キャリアでの選択と決断は、自分で決めるしかない。伝えるのは参考情報まで
  • 相手が知りたい答えは 「相手の中にある」 。答えを自分が発見することを期待し信じる
  • 答えを言うのではなく問いかけをする。傾聴とフィードバックで相手の気づきから答えにつなげる


ニュースレターのご紹介


ビジネス系ニュースレターを配信しています。


レターで書いているテーマは戦略やマーケティング、ビジネスキャリアです。ビジネスでの具体的な事例と併せて掘り下げています。

このブログの記事の内容をいいなと思っていただいた方には、レターもきっとおもしろく読めると思います (過去のレターもこちらから見られます) 。

こちらから無料の購読登録をしていただくと、ビジネスレターが週1回で届きます。もし違うなと感じたらすぐ解約いただいて OK です。ぜひレターも登録して読んでみてください!


最新記事

YouTube (ビジネス系の動画配信)

Podcast - 10分で磨けるビジネスセンス

note - #ビジネスセンスを磨くノート

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社概要はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。