投稿日 2022/06/03

バスマットを体重計にした 「スマートバスマット」 に学ぶ、アイデアのつくり方、引き算の差別化


今回のテーマは大きく2つで、アイデアのつくり方と、差別化です。

おもしろいと思った体重計を取り上げ、普段の仕事やビジネスに学べることを見ていきます。

✓ この記事でわかること
  • お風呂上がりに乗るだけで体重管理ができる 「スマートバスマット」 
  • 新しいアイデアのつくり方 [学び 1]
  • 引き算の差別化 [学び 2]

よかったら最後までぜひ読んでみてください。

バスマットを体重計にした 「スマートバスマット」 


今回ご紹介したいのは、スマートバスマットです。

お風呂上がりにバスマットに乗るだけで、簡単に体重が測定できる体重計です。

出典: Makuake

お風呂から出て、スマートパスマットで足裏を乾かしている間に体重が測れます。時間にして数秒程度です。

測定項目は3つです。体重、前回測定値からの体重の増減、BMI です。

スマートバスマットの特徴は、体重計で体重の値を表示しないことにあります。数字を出すところがなく、見た目はバスマットそのものです。測定した体重データは専用アプリで管理し、アプリを立ち上げなくてもスマホでの通知機能で表示してくれます。

出典: Makuake

ちなみに、スマートバスマットのマット部分は珪藻土入りのソフトマットで、取り外しが可能です。取り外したマットは洗濯できます。

出典: Makuake

紹介の動画もつけておきますね。



体重測定が嫌になる要因


ところで皆さんは、ご自身の体重はどれぐらいの頻度で測っていますか?

健康診断の時のみの年に1回程度の方もいれば、思いついた時も含めて年に数回、多い方★では毎日の習慣として体重を測っている方もいるかなと思います。

体重を毎日や毎週などの定期的に測るのは、時として嫌になり辞めてしまうことがあります。

要因は2つあると思っていて、

  • 体重計を出してきて乗るのが面倒
  • 予想外に増えた体重を見て、後悔や自己嫌悪になってしまう

スマートバスマットは2つをうまく解消している体重計です。

  • 面倒さ → 新しいアイデア
  • 自己嫌悪 → 引き算の差別化

これら2つは、スマートバスマットから学べることでもあります。

では順番に見ていきましょう。


新しいアイデアのつくり方


補助線として引きたいのは、アイデアのつくり方 という本に書かれていることです。


新しいアイデアは、「既存の異なるもの同士の新しい組み合わせ」 によってできるという捉え方です。

スマートパスマットに当てはめれば、体重計とバスマットというお風呂場の近くにある2つを組み合わせた新しいアイデアです。

お風呂から出てバスマットに乗って足の裏を乾かすのは、必ずと言っていいほどお風呂上がりにやる行為ですよね。

ここに 「バスマット + 体重計」 というスマートバスマットとして入り込み、普段のお風呂後のルーティン作業を変えることなく、体重を測れるようにしたわけです。

新しく何かの行動を増やし、定着させ習慣にするのは、体重計にただ乗るだけでも簡単ではありません。スマートバスマットは、行動を新たに追加することなく毎日体重を測れるようにしてくれます。


引き算の差別化


スマートバスマットの特徴は、体重を表示させるディスプレイがないことでした。

体重計には当たり前にある機能を取り除いていて、これはコロンブスの卵のような画期的な発想です。

体重計に乗った時に体重が表示されないことは、一見すると不便に思えるかもしれません。しかし体重計に乗っている時に、前回の測定時と比べて思った以上に増えた時の後悔や自己嫌悪にならないメリットがあります。

後悔とはやめておこうと思ったがついつい食べ過ぎたり、飲み過ぎてしまったたこと、自己嫌悪とはそうした自分が嫌になる気持ちです。

スマートバスマットはスマホのアプリで体重がわかるので嫌な気持ちをゼロにすることはできませんが、体重計に乗ってすぐに抱く後悔や自己嫌悪を少なくしてくれます。

これは他の体重計にはない良さです。体重計には当たり前にある体重表示をなくした、つまり引き算からの差別化によってもたらされる価値です。


まとめ


今回はバスマットを体重計にした 「スマートバスマット」 を取り上げ、学べることを見てきました。

最後にまとめです。

アイデアのつくり方
  • 新しいアイデアは、既存の異なるもの同士の新しい組み合わせからできる
  • スマートパスマットは、体重計とバスマットというお風呂場の近くにある2つを組み合わせた新しいアイデア
  • バスマットに乗るだけなので、普段の入浴後に新たな行動を追加することなく毎日体重を測れる

引き算の差別化
  • 何かを取り除くことで価値を提供できれば、他との差別化ができる
  • スマートバスマットは体重計には当たり前にある体重表示をなくした
  • 体重計に乗って、前回測定時よりも増えていて嫌な気持ちになることを少なくしてくれる価値がある


ニュースレターのご紹介


マーケティングのニュースレターを配信しています。


気になる商品や新サービスのヒット理由がわかり、マーケティングや戦略を学べるレターです。

マーケティングのことがおもしろいと思えて、今日から活かせる学びを毎週お届けします。

レターの文字数はこのブログの 2 ~ 3 倍くらいで、その分だけ深く掘り下げています。ブログの内容をいいなと思っていただいた方には、レターもきっとおもしろく読めると思います (過去のレターもこちらから見られます) 。

こちらから無料登録をしていただくと、マーケティングレターが週1回で届きます。もし違うなと感じたらすぐ解約いただいて OK です。ぜひレターも登録して読んでみてください!

最新記事

Podcast

YouTube

書いている人 (多田 翼)

Aqxis 合同会社の代表 (会社 HP はこちら) 。Google でシニアマーケティングリサーチマネージャーを経て独立し現職。ベンチャーから一部上場企業の事業戦略やマーケティングのコンサルティングに従事。

note, Twitter, theLetter, YouTube, Podcast, Google Podcasts, Amazon music, Spotify, stand.fm, も更新しています。

最も力を入れているのはニュースレターです。

名古屋出身、学生時代は京都。気分転換は朝のランニング。