2020/09/16

家事代行サービスから掘り下げるアウトソースの本質




今回は、アウトソースについてです。


この記事でわかること


  • 家事代行サービスを使った理由
  • アウトソース理由への一般化
  • アウトソースをしてはいけない時
  • 長い時間軸でトレードオフを考えよう


この記事では、家事代行サービスを使ってみて思ったことを書いています。

ビジネスに一般化してアウトソースについて掘り下げています。ぜひ記事を最後まで読んでいただき、お仕事での参考にしてみてください。


家事代行サービス


家事代行サービスを頼み、自宅の浴室を掃除してもらいました。

掃除をしてもらったのは、浴室の床や壁、浴槽、排水口、洗面器や浴槽の蓋、換気扇です。仕上げに防カビ対策もやってもらいました。丁寧な対応で、浴室全体を新調したようにきれいになりました。

家事代行サービスを使った理由をまとめると、以下です。


家事代行サービスを使った理由
  • 自分ができない掃除をやってくれる (例: 排水口の深い部分、浴槽の奥)
  • 表面の床や壁の掃除は自分でもできるが、プロのほうがきれいにやってくれる
  • 浴室掃除に自分の時間と労力を使いたくないから (その時間は別のことに使いたい)


アウトソースをする理由


家事代行サービスから一般化すると、アウトソースをする理由として一般化できます。


アウトソースをする理由
  • 自分にはできないことを対応してもらう
  • 自分でもできるが、アウトソースすれば自分の時間ができ、他のことに使える
  • 自分でもできるが、アウトソースのほうが早く、安く済む (自分の人件費や経費に比べるとアウトソースしたほうが安い)
  • 自分でもできるが、アウトソースしたほうが品質の良いものができる
  • 自分でもできるが、アウトソースの相手のほうが多様な方法を持っており、柔軟な対応をしてくれる


アウトソースをしてはいけない時


アウトソースができるからといって、どんなものも外部に頼っていいかというと、そうではありません。

この話は組織だけではなく、個人のキャリアの観点でも当てはまります。

では、具体的にアウトソースをしてはいけないのは、どんな状況でしょうか?


アウトソースをしてはいけない時
  • 自分たちのコア領域 (専門性や強みになっていること)
  • 今は上手くできなくても、これから注力すべきこと
  • 人から感謝され、信頼蓄積につながるもの


アウトソースをするとは、「自分たちはその能力を長い目で見れば失ってもいい」 という決断です。

アウトソースによって一時的に楽にはなるかもしれませんが、先ほどの三つのいずれかが当てはまった場合に、中長期でみれば自分たちのビジネスやキャリアの根幹が揺らぎかねません。


アウトソースとはトレードオフ


改めてアウトソースとは何かを考えると、それをやらない代わりに自分は別のことができます。

アウトソースを決断する前に問いかけるべきなのは、やらないによって得られるもの、失うものは何かです。

目の前の短期的な時間軸ではなく、長い目でアウトソースによるトレードオフを考えてみるといいです


まとめ


今回は、家事代行サービスからアウトソースについて掘り下げました。

いかがだったでしょうか?

最後に今回の記事のまとめです。


アウトソースをする理由
  • 自分にはできないことを対応してもらう
  • 自分でもできるが、アウトソースすれば自分の時間ができ、他のことに使える
  • アウトソースのほうが早く安く済む (自分の人件費や経費に比べるとアウトソースしたほうが安い)
  • 品質の良いものができる
  • 多様な方法を持っており、柔軟な対応をしてくれる


アウトソースをしてはいけない時
  • 自分たちのコア領域 (専門性や強みになっていること)
  • 今は上手くできなくても、これから注力すべきこと
  • 人から感謝され信頼蓄積につながるもの


アウトソースとはトレードオフ
アウトソースをするとは、「自分たちはその能力を長い目で見れば失ってもいい」 という決断。目の前の短期的な時間軸ではなく、長い目で 「やらないによって得られるもの、失うものは何か」 のアウトソースによるトレードオフを考えよう。

最新記事 (毎日更新中)

書いている人 (多田 翼)

ベンチャーから一部上場企業の経営・事業戦略を支援。マーケティング、コンサルティング・アドバイザー・メンター、プロダクトマネジメント。前職は Google でシニアマーケティングリサーチマネージャー、現在は独立 (詳細は LinkedIn または Facebook をご覧ください) 。


1981年 (昭和56年) 生まれ。名古屋出身、学生時代は京都。現在は東京23区内に在住。気分転換は毎朝の1時間のランニング。